2015年01月04日

『花燃ゆ』文の子役が井上真央に激似!山口県萩市ってどんな所?



1月4日から始まる『花燃ゆ』の主人公は
吉田松陰の妹・杉文(すぎ・ふみ)
1843年〜1921年(享年78歳)
杉文(すぎ・ふみ)の少女時代を演じる子役の山田萌々香ちゃん(12)が、
子役当時の井上真央さんににそっくりだと評判のようですね!

詳しい内容はこちらからどうぞ!


杉文が育った山口県萩市はどんな所でしょうか?

萩には行ったことがないので調べてみましたよ!

毛利氏の城下町であり、明治維新の志士たちを輩出した町でもある萩。
日本最大のカルスト台地の秋吉台地下に広がる秋芳洞、
城下町の古い町並みや萩焼というイメージですが
萩は日本海に面していて、阿武川の下流が松本川と橋本川に分かれ、
それぞれが日本海へと通じる三角州の上に発達した水の都と言えるそうです。

慶長9年(1604)、関ヶ原の合戦の後、
明治維新に至るまでの約260年間にわたって、
萩は防長二州の中心として栄えました。
城下町のたたずまいや、当時の町割りなどがよく残されていて、
『古地図で歩けるまち』なのだそうですよ。
平成27年1月から平成28年1月まで
『花燃ゆ』のドラマ館が開館するそうです。

山口県萩市へのアクセスは。。

<山口宇部空港をご利用の方>
1日10便/ANA・JAL・SFJ
乗合タクシー(要予約)で約80分
新山口駅までバスで約35分、新山口駅からバスで約60〜95分

<萩・石見空港をご利用の方>
1日2便/ANA
乗合タクシー(要予約)で約70分
JR益田駅までバスで約10分、JR山陰本線で約70分

<新山口駅をご利用の方>
 スーパーはぎ号で約60分(平成27年1月11日から運行)
 防長バス(特急)で約70分、JRバスで約95分

レンタカーを借りて、ドライブしてもいいかもですね!

19.gif




スポンサードリンク








posted by happy* at 00:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。